動画編集の技術は独学できる?

今日からあなたも動画編集ができる、そのための準備としてアイテムを手に入れよう。

動画編集とはどんなことをするのか技法を確認する。

パソコンやスマートフォンなどで利用できる無料動画ソフトであれば操作は簡単で分かり安いので、特別な技術が必要なく動画編集ができてしまいます。 簡単に利用できる初心者向け編集ソフトはある程度の機能が限定されてしまうのですが、特別なスキルは必要ありません。 趣味として楽しむ範囲であれば十分な編集ができます。

編集ソフトの機能を知ることからスタート

編集ソフトは様々なものがあり、特殊な編集に特化したものもあります。 先ずは一般的にフリーで手に入るソアトやOS付属の簡易編集可能なものを使ってみて、動画編集について基本に触れておくことで具体的な動画編集機能をイメージできれば独学による編集の始まりになります。

独学だと意識せずに純粋に動画編集ソフトを使いこなすこと!

動画編集自体は、動画編集ソフトを使いこなすことができればOKです。 時に身につける特別な何かは必要ありません。 ただ次のような点は動画編集をする上で必須になります。 ・パソコンやスマホの操作 ・動画編集の用語や基礎知識 ・デジタル動画や静止画撮影機器 ・画像形式や動画形式の種類

動画編集の技術はソフトである程度決まります。

動画編集については、以前はビデオやフィルムを使って業務用の編集機器を使用するものでした。
そのような時代は、動画編集についての知識や技術と高価な機器が必要でスキルを取得しないと動画編集をするのは難しい状況でした。
しかし、現在はスマホやデジカメで簡単にデジタル動画撮影ができてしまい、それをパソコンやスマホの動画編集ソフトを利用することで、簡単に編集をすることが可能になっています。
特に専門的な勉強をしてスキルをつけなくても独学の範囲で十分に編集可能になりました。
高価な編集機器を使わずに編集ソフトで誰でも可能になっているのが現在なのです。

編集ソフトを利用することで、ソフトの機能や操作を覚えれば編集はできるので、技法などはソフトがやってくれ、初心者でも簡単な編集ができてプロ顔負けの編集も可能な仕様のソフトも多く存在します。
編集ソフトは、OSによって利用可能の種類も変わり、OS付属のものからフリーで配布しているもの、そして、有償の高度なものまで様々です。

動画編集の目的を大きく分けると次のようなに認識になります。
・複数の動画を組み合わせた編集
・静止画などをスライドショーにする編集
・静止画と動画に加工やタイトルなどの編集
動画編集の動作については次のようなことを行います。
・写真と写真や動画と動画のコマの間の切り取ったり挿入したりする
・字幕などをテロップとして追加
・動画の不要な部分のカットしたり複数の動画を一本化
・セピアや変形、色を変えたりフェードインなど特殊な効果付加
・音楽やナレーション効果音の追加

編集ソフトを理解することで多彩な編集も可能になります。
動画編集に於いての専門用語は事前に知らないと、ソフトのヘルプなどで操作を確認したときに意味が理解できず編集操作が難しく感じてしまいます。
独学でも編集に関係する用語や機能は理解しておくことは、編集ソフトの操作を身につける意味で大事なポイントです。