今日からあなたも動画編集ができる、そのための準備としてアイテムを手に入れよう。

>

編集ソフトの機能を知ることからスタート

フリーなどの編集ソフトの機能

動画編集については、動画のフォーマット形式があり動画編集をする場合にソフトが対応していないと取り込めないので編集もできません。
フリーソフト版は、読み込める動画フォーマットが固定されている場合も多いので利用する場合に注意は必要です。
また、編集後の画像形式も注意しないと再生できないという結末になるので同様に注意をして利用しましょう。
せっかくの動画を取り込めず編集できなかったり、編集した後の書き出し形式によって再生不可では意味がなくなってしまいます。
動画編集は、形式の他に実際に編集するときにどのような効果を加えられるかもポイントになります。
フリー版では、次のような機能を基本とする場合が多い傾向です。
動画カット、動画圧縮、画面サイズ変更、フォーマット変換、クロッピング、回転 と反転、動画同士を連結、字幕や ログの追加、音声入れ替え(BGM追加)、フレームレートの変更、音声抽出などです。

高度な編集ソフトの機能

専門的なイメージが強すぎて難しいという印象から敬遠されがちな動画編集、難しいと思われていた編集技術も操作性に優れた動画編集ソフトが数々登場したことで、身近になり誰でも独学で動画編集が可能になってきました。

動画編集ソフトも多岐にわたりフリーの簡単なものから有償の高機能なものまで様々あり、扱える動画形式も多く編集機能も豊富なので熟知すればプロと同等レベルの動画編集ができてしまいます。
特に有償版のプロ御用達のソフトも市販されているので入手は簡単です。
そういう意味ではプロも使っているのが有償版の動画編集ソフトになり、機能を含めて優秀なものばかりです。
プロが使っているから知識も必要かと思われがちですが、動画編集のソフトなので使い方さえ理解できれば、誰にでもプロが使用している環境が手に入るのです。
有償版についてトライアル試用可能なもので実際に編集してみて購入を考えると良いでしょう。


この記事をシェアする