今日からあなたも動画編集ができる、そのための準備としてアイテムを手に入れよう。

>

独学だと意識せずに純粋に動画編集ソフトを使いこなすこと!

動画編集する環境を整えて、基本知識を得る

どんな環境で動画編集をするのかによって、選択する動画編集ソフトも変わってきます。
有償版などでは環境を選ばず利用可能な場合が多いのですが、フリー版ともなると、WindowsなのかMacなのか、また、Androidかiosかと環境面で利用の可否を確認しないといけません。
また、他でも説明しましたが知識として少し難しいのが、動画のフォーマット形式です。
この形式、インターネットで検索すれば情報に事欠く事はないのですが、形式が多いのでご自身の中で理解するのに少し時間がかかるかもしれません。
但し、少なくとも全てを覚えるのは後にして、自分が動画編集の対象として扱おうとしている動画フォーマットから理解すると良いでしょう。

画像処理や動画編集で気にしておいて欲しいキーワードがあります。
そのキーワードは、「エンコード」「デコード」「コーデック」です。
これを理解しておくと、動画編集や説明なども理解しやすくなります。

独学でも環境とソフト次第で動画編集は可能

動画編集というと自分にはハードルが高いと思ってしまう方もいると思いますが、初心者でも簡単に編集できるソフトも昨今は多くあります。
利用環境もパソコンからノートパッド、スマホと幅広くなっています。
また、動画フォーマットや動画編集の用語をマスターしソフトの操作を覚えるだけで簡単な動画編集はできてしまうのです。

動画編集を始めようと考えたならば、フリーの動画編集ソフトでも十分に編集自体がどのようなものかを実感することはできます。
動画編集をしようと考えれば次のようなステップを踏むとマスターするのも早いと思います。
・動画の形式(フォーマット)の種類と特徴
・動画編集の用語と意味
・フリーの動画編集ソフトの選択
・実際の動画編集
フリーで動画編集がある程度できれば、高い編集機能を持つ有料版へとステップアップしても良いでしょう。
最後に動画編集は処理に負荷がかかるのである程度のCPUスペックは必要です。


この記事をシェアする